.

実際にパソコンの画面の前で止まることなく上下動している為替レートを見ると、取引をしなくてはいけない衝動に追い立てられる人も少なくないと思います。即日の尾行

だがしかし、はっきりしない感覚で売買することだけは、間違ってもしてはいけません事実、相場は24時間、どこかで為替市場がやっているし相場も休みなく上がったり下がったりします。税理士事務所 求人 大阪

しかし、頻繁にトレードをしているとその分だけ損をする可能性が上がります。http://www.polatfm.com/entry3.html

確かにエントリーの数を増やすことによってだんだんと勝つ確率か半々になるのは事実です。化粧水 セラミド

でもそれは「なんだか分からない直感で売り買い」とは別の話です。大坂の探偵で格安なら

注文回数を積み重ねる事の意味は、あなたが「ここがチャンス」と思える勝算を持ったうえでの売り買いの回数を重ねるという事です。ノイス売ってる場所・最安値は?

理由がなく、連続して取引を重ねるのとは大きく違う。

為替相場の戦いに臨むには、あなたが考えて緩急をつけることが大事だ。

「ここは勝てる」と感じた市場の時には、迷わず持っているポジションを多くして意識して利益を狙います。

「明らかに分かりにくいマーケットでどう推移するのかわからないな」と思い至った時は執着しないで持っているポジションを諦めて黙っています。

そのくらいのテンポでやった方が、結果的に売買はうまくいくものだ。

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

まさにその通りだと思います。

FXとは、いついかなる時でもポジションを所持する事が肝心な事ではなく、売買ポジションを持たないで静観していることも事態によっては必要です。

では、いつ休むといいのでしょうか。

最初に言われるのが先述した通り、最近の外国為替市場がはっきりと見通しがきかない時です現状からどちらにいくのか判断できない時は考え無しで行動すると、自分自身で思い描いた台本とは違った方向にマーケットが向ってしまい損してしまいます。

そうした場合はポジションを無くして何もせずに静観しているのがいいと思います。

第2に、自身のコンディションがすぐれない時です。

体の調子と市場に何の影響も与えないと思う人もいますが現実には意外と関係があります。

体の調子があまりよくなければ外国為替相場の肝心なところで必要不可欠な決定をする事が難しくなります。

やる気がわかない時は外国為替相場から離れてみるのも大事な事です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.theactioncity.com All Rights Reserved.