.

特定調停というのも任意整理とほぼ同じくそれぞれのお金の貸し手に対し返済を継続していくことを前もって決めた借金を整理する形のことです。

わかりやすくいうなら裁判所がやる債務の整理といえます。

この特定調停という方法も先の方法と同じく破産申告とは異なってある部分のみのお金だけを整理していくことになりますので他の保証人が付く契約を除き整理をする時や住宅ローン以外だけを手続きをしたい場合なども活用することもできますし全ての資産を処分する必要がないので投資信託や住宅などの資産を持っているものの処分してしまいたくない状況であっても活用できる債務整理の方法となっています。

いっぽうで、これからの返済額と実現可能な所得を比較検討し、おおむね返済の目処が立てられるようであれば特定調停での手続きで進めるほうが良いといえますが破産申告のように借金自体がクリアになるということではないため借入金の量が多い場合においては、実際に選択肢を選ぶのは困難だといえるでしょう。

また、この手順は司法機関が間に入るため司法書士等にゆだねなくても立場が弱くなってしまうことがないということや、処理のための金額を圧縮できるという点がありますが、お金の貸し手からのきびしい取り立てに対処することになる点や所定の裁判所に何度か出頭する手間を要するというような覚えておきたい点もあります。

さらに、任意整理と比べると、最終段階でも和解が成立しないといった場合は年利をすべて付けた計算で支払っていくことが求められるという点やあとから見ればそれら債務者に対し返していく合計が任意整理による解決と比べて割高になる傾向にあるなどといった注意点もあります。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.theactioncity.com All Rights Reserved.