.

キャッシング系カードといったものが存在しますがMASTER等のクレジット系カードというのはどう違っているのでしょう。

使用してるVISA等のクレジット系カードもローン機能が付けられてます。

いきなり手持ちというのが必要な場合にはたっぷり役に立っています。

キャッシングカードというものを発行する事でどのようなことが異なってくるのか教えてほしいのです。

そうしましたら質問にお答えしてみたいと思います。

取りあえずキャッシングカードとかローンカードという複数の呼称があるのですけれども、どれも借入専属のカードでありクレジット系カードとったものとは異なることです。

マスター等のクレジット系カードにもキャッシングサービスできるシステムがくっついてるのがあったりするので用がないように思いますが、利子だったり限度額というのがクレジットカードというものとは明瞭に違うのです。

クレジット系カードなどの場合借入についての利用限度が低い水準にされているといったものが通常ですが、キャッシング系カードだとさらに高水準にしているケースというものが存在したりするのです。

さらに利子というようなものが低水準にされているといったところも利点です。

ビザ等のクレジット系カードの場合ローン利率というようなものが高額な場合が通常なんですがキャッシング系カードの場合ですと、けっこう低く設定してあります。

だけれど総量規制と言ったもので誰もがカード作成できるわけではありません。

年間所得の30%までしかカード発行できないようになっているので、相応の所得といったものがなければなりません。

そんな年間収入の方がキャッシングというものを使うかどうかはわからないのですけれどもJCB等のクレジット系カードの場合これほどの限度は準備されてません。

つまりローンカードといったようなものは、より低利に、高額なカードローンができるようになっているカードなんです。

ローンなどの実用頻度の多い方は、VISA等のクレジット系カードの他に持っていた方が良いカードという事になっております。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.theactioncity.com All Rights Reserved.